マーダーミステリーのゲームマスターって大変!?

ゲームマスターゲームマスター(GM)
文:aki

『GMの醍醐味って何ですか…?』

あー、疲れた。

今日GM(ゲームマスターの略です)したシナリオは、感想戦除いたプレイ時間だけで実に5時間。

映画2本くらい見れるボリューム。

ちな、セットアップ(事前準備…カード並べたり、ハンドアウト並べたり、名札用意したり、音響設備整えたりするあれです)に1時間くらいかかってるし、本来あるはずの場所になかったもの探すのに30分くらい取られたし(なぜ昨日まであったものがない!)、公演終了後はおまちかねの感想戦(ネタバレ解禁で参加者みんなでワイワイする時間)のあと、後片付けでまた1時間くらい。

全部込みで丸一日仕事。

それから帰宅してご飯食べて、映画見て、あれやこれやしてたら寝落ちして夜中に目が覚めてこの記事書いています。

公演後に、あるお客様から言われたひとこと

『GMの醍醐味って何ですか…?』

え、何その深い質問…

そりゃあ色々ありますよ。でも言語化するの難しいよね。

初めての投稿はGMについて書いてみます!

まずはプレイしてみよう

僕の場合、まずはそのシナリオをプレイヤーとして遊んでみます。

マダミスのシナリオって当たりはずれが結構あるし、そもそもそのシナリオが自信をもってプレイヤーさん方にオススメできるかどうかってところを、

質って言うのかな

それをプレイヤー目線で判断するのが最初かなって思ってる。

一生に一度しか遊べないシナリオを、GMするからって自分だけ味わえないのは不満(本音)

準備がすべて

そして「これは面白い!みんなにも遊んでほしい!」

ってなったシナリオを仕入れて、そこからまずは全てのテキストに目を通します。

最低3回、できれば4~5回。

ハンドアウト全員分はもちろんのこと、カードや進行表や追加資料、エンディングに分岐があるならそのすべて、全プレイヤーが目を通す可能性のあるものすべてと、GM用のものすべて。

それでも不明点がわいてくるので、疑問に感じたことはすべて解消しておきます。

ちまたで名作と言われているものは、だいたいこの辺がしっかり作られてる。作者さんが、プレイヤー目線だけでなく、GM目線も十分に意識してる。

名作が名作たる由縁ってこういうところにもあるような気がする。

まあそれでも本番では、全然予想してないところから質問は飛んで来るのだけど…。

そして公演当日は物理的な意味での準備。

とにかく準備、準備、準備

GMの仕事で最も大切なのは準備です!

人前に立つことへの意識

これ意外と大事。

自分の一挙手一投足が、すべて見られてるくらいに思っておいた方がいい。

僕はこれまでの仕事柄人前に立つ機会が多かったのだけど、それでもやっぱり緊張するね。

だって、嫌でしょ!?

おどおどしてるGMとか、不安そうなGMって笑

緊張するのはしゃーない、それよりもそれを皆さんの前に露呈させないことが大事かなってよく思います。

いや、わかる。

責任重大なのはよくわかる。

自分のミスのせいで、そのプレイヤーさん方が一生味わえなくなるプレッシャーは。

だからこその準備(←しつこい)

GMが朗読する文章は、なるべく声に出して練習しておくことも大切。

人前に立つ人間として、堂々とした振る舞いを心がけています。

GMが率先してロールプレイ

ロールプレイ、担当するキャラクターになりきって演じること。

初心者にはこれが結構障壁だったりします。

強制する気は全くないけれど、あった方が盛り上がるのは確実。

そのためにも、GMが率先して演じてみよう。

声色、声の高さ、心情の理解…

GMがロールプレイしてると、プレイヤーさん達もおのずとノッてくるよね。

ちな、ラビットホール新宿店の中島店長はこれがめちゃうまい。

東京で一番うまいGMは彼女だと思う。

…あと個人的に、滑舌の練習としてオススメしたいのが外郎売

アナウンサーとか声を仕事をする人は必ずやってます。

オススメ。

で、結局醍醐味ってなに

この質問に答えるためにツラツラと書いていたのだけれど、なんかGMの手引きというか、心構えみたいになってしまった。

眠たくなってきたのでそろそろ結論いこう。

醍醐味はね、

やっぱまずは違う世界線が見れるっていうのがあるよね。

同じシナリオでも、遊ぶ人が違うとストーリーやプロセスが全然違ってくる。

それぞれのキャラや個性まで違って見えて来るし、人それぞれの感じ方、考え方、解釈の仕方など、その違いを神の目線で楽しめるのはマダミスGMの特権と言えそう。

でもそれはアクマでおまけ。

やっぱり、公演が終了してみんなで笑いながら感想戦、

初対面の人同士でもここに来る頃にはずいぶんと仲良くなってること多数。

同じ映画を鑑賞した仲間と言えば大げさだけど、絆というか、戦友というか、なんとも言えない独特の繋がりが出来て、そして自分がその立役者になれたと思える時が一番の醍醐味だと思います!

「ありがとう」の一言で、やってよかったなと感じます。

twitterでつぶやいてくれたら、喜びは倍増!(←※ここ大事)

また張り切って次の公演のためにがんばろうって思えます。

今日もそれが強く感じられた公演でした。

 

さて、

ここまで読んでくれたあなた!

…興味わいたら、一度GMにトライされてみてはどうでしょう???

プレイヤーとしての楽しみとは、また一味違った楽しみが待ってますよ?

いつかあなたのGMでプレイさせてもらう日が来ることを楽しみにしています。

 

おやすみ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました